交渉や報告、相談をシンプルにする

『主体的人材を育成する 元保健室の先生』働く意識向上LABO所長の、桑原朱美です。

このブログでは、主体的人材育成の視点から、様々なメッセージをお伝えしています。

 

今日のテーマは、「交渉や報告をシンプルにする!」です。

 

 

 

 

 

 

 

意図を察してほしいという甘え


仕事がスムーズに進むために「交渉や報告」が短時間で終わることは、

とても大切なことですね。

 

桑原の経験ではありますが、一番困るメールや相談があります。

「~という状況で困っているんですよね~」という表現。

何を求めているのかわからないのです。

思わず「で?何?」と聞き返したくなりますよね。

ただの近況報告か?

アドバイスがほしいのか?

助けてほしいのか?

だからできないんです~ということか?

 

こういうメールの差出人は「妖怪サッシ手」

「じゃ、こうしたら?」とか

「じゃ、私が●●しましょうか」

など、

自分が意図するものを察してほしい。

だから妖怪サッシ手!

このように人に求めるコミュニケーションをしてくる人に

こちらから先回りすることをしません。

 

上司なら「察して動かず」


桑原は、自分のセミナーでも

「察して動かず」の必要性をお伝えしています。

察することは大切なことですが

相手が自分の意図を言語として

ちゃんと伝えるという

大切な学びを奪ってしまうからです。

相手のことばにならない要求を

こちらが察して答えてしまっていては

相手の成長にならないからです。

あなたの部下に

妖怪サッシ手クン、サッシ手ちゃんはいませんか?

 

部下は、何を何のために話しに行くのか明確にする


職場で仕事の話をする際は、

それが「相談なのか、提案なのか、報告なのか」という

目的を持つことが必要です。

そして、相手に、何を求めているのかを明確にしてください。

————————————————————–

「アドバイスを頂きたいのです。」

「○〇の点について、ご協力いただきたいのです。」

「仕事の納期を少し延期していただきたいのです。」

————————————————————-

仕事上のことであるならば、話す前にちゃんとゴールを決めましょう。

行動してほしいのか、意見がほしいのか、一緒に考えてほしいのか?

相手が察してくれるのを待っていて

そのとおりにしてくれないことで、不満に思ったり、

私のこと分かってくれないとストレスを抱えるとしたら

それは、社会人としての「甘え」にほかなりません。

 

「働く意識向上LABO」の研修は、このような部下に対しての具体的な対応方法をお伝えしています。

管理職研修

 

また、社員が自分のコミュニケーションパターンに気づき、より主体的な思考を持つための研修も行っています。

新入・中途社員研修