よりよい仕事をするために必要な 考え方とは?

 

『主体的人材を育成する 元保健室の先生』働く意識向上LABO所長の、桑原朱美です。

このブログでは、主体的人材育成の視点から、様々なメッセージをお伝えしています。

 

今日のテーマは、「よりよい仕事をするために必要な 考え方とは?」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

力量を発揮できる人とそうでない人の違い


桑原は、仕事において、力量を発揮できる人とそうでない人の違いを

次のように分けて考えています。

——————————————————————————————–

「やり方をおしえてもらえば、言われたとおりの仕事ができる」

「思考法を理解すれば、柔軟性と応用力が生まれ、仕事に工夫が生まれる」

「あり方が変われば、仕事における影響力が拡大する。仕事を通してのオリジナルなメッセージが生まれるから」

——————————————————————————————–

 

あり方は、学ぶことはできません。

思考法を学び、仕事に真摯に取り組み、試行錯誤する中で、自分が発見するものです。

一つのことをとことんやり続けた人は、同じような格言を残しています。

 

入り口は違っても、深いところには人類共通の真理があるのかもしれません。

やり方だけ学ぶ人は、すべてのことにマニュアルが必要です。

 

張本選手が伝えた本質的メッセージ


元巨人軍張本選手の逸話に面白いものがあります。

ある若い選手が、理想のバッティングフォームを、張本選手にたずねたそうです。

すると、張本選手は

「理想のバッティング・フォームか・・・。

もし、君がそれを知りたいのならば、一晩中、素振りをしなさい。

一晩中、素振りをし続けて、疲れ果てたときに出てくるフォーム、

それが、君にとって一番無理のない理想のフォームだよ」

と話したと言います。

 

まさに、これがプロとしてのあり方の本質ですよね。

 

誰かが作り上げた完成品を安易に手に入れようとする人は

何時まで経ってもプロにはなれません。

専門職でなくても

自分の仕事に精いっぱい取り組んでいる人は

プロの領域に達します。

やり方ではなく、

自分の現場で試行錯誤をする人は、思考法そのものが身についているので

新しい仕事、道の仕事が来ても、応用が効くのです。

 

さらに、「あり方」を体得した人は、

仕事におけるメッセージや生きる姿勢だけで周りに影響を与える存在となります。

 

やり方はすぐに手に入りますが、あり方は、時間がかかります。

しかし、 長い目で見ると、まったく人生の時間の充実感が違います。

 

あなたは、どのスタンスで仕事をしていますか?