時間もお金も、いつもぎりぎりになるのは、●●の法則があるから!

『主体的人材を育成する 元保健室の先生』働く意識向上LABO所長の、桑原朱美です。

このブログでは、主体的人材育成の視点から、様々なメッセージをお伝えしています。

 

 

 

 

 

 

 

今日のテーマは、「時間もお金も、いつもぎりぎりになるのは、●●の法則があるから!」です。

 

こんな経験はないでしょうか?

・部屋に置いていた物入れがいっぱいになったので、少し大きめの物入れを買ったのに、結局またいっぱいになってしまった。

・大き目のカバンを買ったのに、いつの間にかまた、かばんはパンパンになってしまう。

・レポートの締め切りまで10日もあると思っていたのに、結局、ギリギリになってしまった。

・お給料が上がったはずなのに、支出も増えてしまってお金が残らない。

 

 

10日と設定すれば、10日で終わる!


 

これは、

『人間は、割り当てられた時間やお金、空間などをすべて使ってしまおうとする』(パーキンソンの法則)

が働くから、といわれています。

「この仕事、10日で仕上げて」といわれると、無意識に10日間丸々使うような行動をし、「3日で」といわれると3日で終えるように作業能率を上げることができるのです。

子どもの頃の夏休みなんて、典型的でしたよね?

40日もあるのに、なんてこった!結局、最後の3日で泣きながら仕上げることになっちゃった!・・・・・・なんて経験は、多くの方にあるのではないでしょうか?

これも、また、「パーキンソンの法則」が働くからです。

では、どうすればいいのか?・・・・この法則を、うまく活用して、時間管理をしていく方法があります。

 

パーキンソンの法則を効果的に活用するには?


 

この法則を効果的に活用するために、以下の4つのポイントをお伝えします。

—————————————————————————————–

(1) 仕事の工程を細分化し、1つ1つに締め切りを設定する

(2) 時間の見積もりを適正に行う

(3) 締切までに「やること」と「やらないこと」を決める

(4) 小さい仕事、ちょっとした仕事にもタイムリミットを決める

—————————————————————————————–

 

前回の記事とも重なるところがありますね。

 

脳科学の視点から言えば、締め切りとゴールを設定することは、集中力と達成力を高める方法としても、非常に効果的なのです。

 

ぜひ、やってみて下さいね。